2008年08月29日

IPO

順風に乗って流れに沿って、いっしょに高揚する履歴の中で、3段が特別な研究を必要とする私達があります:1、1981年-1985年、担当して研究センターの研究員を発展します。発展研究センターはどんなありかですか?翰林院との上で書斎!国家の知恵袋の機関、おりて省の部を連絡することができて、上額の中央に到着することができて、しかし封彊覓と侯に進んで、しかし清廉潔白であるという評判を退くのは抜きんでています!国家の百にちょうどあたって挙げることにじっとしていることを廃棄して、許小年先生のまた意気盛んな“小年”、袖をちょっと振って、機を支える西は行って、すこぶる難解です。しかしいずれにしても、5年の中枢の生活蓄積する深い人の脈と中国の中枢の機関のこつに対する自信、保証した後に人生の万事順調にいくこと、同じくアメリカ人に切に彼の到来を渇望するかもしれません;2、1996年、任世界の銀行は師に問合せします。世界の銀行は世界に属するかどうか?違って、大体において米国に属して、米国は最大の単一の株主で、16.41%の投票権を持ちます;その次に日本(7.87%)です、ドイツ(4.49%)、イギリス(4.31%)とフランス(4.31%)、もしみんなは記憶があるならば、“有名な経済学者”の謝国忠先生 1991-1995年もこの機関で経済の分析員を担当して、礼を言って一足先に歩いて、後の足を許可して来ました;3、1999年中国国際金融有限会社に加盟して、理事の社長、研究部の責任者に招聘されます。中国国際金融有限会社は1つのどんな会社ですか?名声がある“中の金公司”で、それは普通の会社ではありませんて、投資銀行で、その上中国と外国の合弁の投資銀行で、資本の構造は次の通りです:中国の建銀の投資有限責任会社は43.35%株式を持ちます;モルガン・スタンレーの国際会社は34.3%株式を持ちます;中国の投資は有限会社が7.65%株式を持つことを保証します;シンガポールの投資会社は7.35%株式を持ちます;香港の力グループは有限会社に株を所有し経営に参画して7.35%株式を持ちます。ここで私達は見抜いて、中国資本の50%、外資の50%。この会社は何をしますか?主に中国国内の株式上場をして被って業務を売って、この商売が利益が楽なのは手厚くて、つやがある去年の“大きい融資”の高まりの中で、この会社はA株の市場の上で売る株券を被って177億ドルに達して、全体のA株の市場の上で年間やっとIPO553億ドル、全体のニューヨーク取引所年間やっと




職安に登録しよう
シスコシステムズ機器
営業やるなら別行動
アフィリエイトで稼ぐ。目指せ100万円
汐留エキサイト
私的世界
職安
価格転換可能か?
転職ノウハウ
転職いいこと発見できる
派遣
ラベル:IPO
posted by 株マン at 13:50| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。